ホーム / イベント / 都市空間とXR空間が交差し、拡張する都市型展覧会「AUGMENTED SITUATION D」
アート・インキュベーション・プログラム

都市空間とXR空間が交差し、拡張する都市型展覧会「AUGMENTED SITUATION D」

2023.03.10(金)–21(火)
シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]、shibuya-san(渋谷フクラス 1F)、その他渋谷区内各所でAR作品を鑑賞いただけます。
 
会期
2023年3月10日(金)~3月21日(火・祝)
休館日
月曜日(会期中の月曜日(3月13日(月)と20日(月))は、作品等メンテナンスにつき鑑賞できません)
開館時間
CCBT13:00〜19:00、shibuya-san(渋谷フクラス 1F)10:00〜20:00、そのほか屋外でのAR作品は常時、鑑賞いただけます。
会場
シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]、shibuya-san(渋谷フクラス 1F)、その他渋谷区内各所でAR作品を鑑賞いただけます。
観覧料
無料

※ 本企画は、シビック・クリエイティブ・ベース東京(CCBT)「アート・インキュベーション・プログラム」一環として制作されました。

CCBTアーティスト・フェローとして活動中の浅見和彦+ゴッドスコーピオン+吉田山によるXR技術を活用した都市型展覧会がついに開幕。
ヴィジュアルアーティスト、建築家、ファッションデザイン、音楽家等の9組のアーティストによるAR作品を、都市を舞台に楽しむ、新感覚の展覧会!

「AUGMENTED SITUATION D」は、2022年の初代アーティスト・フェローの浅見和彦+ゴッドスコーピオン+吉田山による、XR(クロス・リアリティ)技術を用いた都市型展覧会です。
本展では、CCBTとshibuya-san(渋谷フクラス 1F)、渋谷市街地に点在するAR作品群と都市の風景、携帯電話に写し出される新しいアート表現を楽しむことができます。来場者は、CCBT内のインフォメーションセンターでパンフレットを受け取り、携帯電話にアプリをインストールします。パンフレットに掲載された渋谷区内約9ヶ所を訪れ、携帯電話からQRコードを読み込むと、都市風景にAR作品が出現します。展示された作品や都市風景のリアルな世界と、仮想空間が融合した新しい表現に出会うことができます。

本展は、ARやVRの総称であるXR技術を用いた、渋谷区を舞台にした国際的な都市型展覧会として構想されました。彫刻作品や平面作品をXR技術と組み合わせ、ヴィジュアルアーティストに留まらず、建築家やファッションデザイン、音楽家を含む9組の多彩なアーティストが参加しています。展覧会のフィールドを街へと広げ、さらに渋谷のカルチャーシーンを体現する横断的で多様な表現を紹介する本展は、アートとテクノロジーの融合による、ハイブリッドで拡張性のある、芸術文化の都市展開への新たな挑戦でもあります。
日本初となるXR技術を活用した、街を舞台にした総合型展覧会を、ぜひお楽しみください。

出展作品等の詳細は、プロジェクトウェブサイト:https://augmented-situation-d.org/ よりご確認ください。

AR作品の鑑賞方法

(1)シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]で受付

シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]では、インフォメーションセンターを設けています。スマートフォンの充電も可能です。

・本展の出展作品は、スマートフォンアプリSTYLYを利用して鑑賞することができます。まずはアプリをインストール!
・各作品の位置情報を掲載したパンフレットの配布や利用方法ご案内を行います。

(2)渋谷区内各所のAR作品の鑑賞

・パンフレットに掲載された場所を訪問
・QRコードを読み込み、AR作品を鑑賞
※屋外でのAR作品の鑑賞の際には、お車や通行に十分ご注意ください。


出展作家

ALTEMY[Tokyo]
ANY[NY]
God Scorpion[Tokyo]
GROUP+Yuya Haryu[Tokyo]
KODAMATACHI[Tokyo]
Markus Selg[Berlin]
Simon Weckert[Berlin]
street fashion as medium to explore a city[Tokyo]
suzuko yamada architects[Tokyo]


関連プログラム

アート×テックラボ006

「自分の作品が街中に出現!ARコンテンツ制作ワークショップ!」

開催日時:3月18日(土)14:00~15:00
講師:Discont(「AUGMENTED SITUATION D」テクニカルディレクター)、浅見和彦(CCBTアーティスト・フェロー)
定員:18名(先着順/要申込) 参加無料


フェローや展覧会に携わったプロダクションチームが講師となりARコンテンツを制作するワークショップを開催します。ワークショップでは、画像や動画、3Dオブジェクトなど、ご自身が制作されたデータを使って、渋谷の街にARで出現させるための方法をレクチャーします。
基本的にはマウスの操作のみでARコンテンツの制作は可能なため、3Dに関する特別な知識やスキルは必要ありません。デザインや映像制作、3Dモデルの制作などを行っている方、ご自身の創作活動にARを取り入れたい方、3次元の表現に挑戦したい方など、ぜひこの機会にご参加ください。

対象:

・高校生以上
・グラフィックデザイン/カメラマン/映像制作/3Dモデル制作などプロアマ問わず表現活動を行っている方
参加条件:
・ARコンテンツ制作用にPCと、閲覧用にスマートフォンをご持参いただける方
・ARコンテンツ制作用に素材を1つ以上ご準備いただける方
申込方法:
申込みフォームから、必須事項をご記入の上、お申込みください。
参加者には、前日の17時までにご連絡いたします。

CCBT Meetup 012

アーティスト・トーク「XR拡張の谷のクオリア」

開催日時:3月18日(土)16:00~18:30
出演:浅見和彦+ゴッドスコーピオン+吉田山、時里充、Simon Weckert、井上 岳(GROUP)、米澤 柊
定員:30名 入場無料、申込不要
※本イベントはインスタライブで同時中継!https://instagram.com/ccb_tokyo/


本展には、ヴィジュアルアーティスト、建築家、ファッションデザイン、音楽家等の9組のアーティストが参加しています。本トークイベントでは、CCBTアーティスト・フェローの浅見和彦+ゴッドスコーピオン+吉田山が、本プロジェクトのコンセプトやXR技術のアート表現への応用方法についてご紹介します。


「XR拡張の谷のクオリア」
XR技術の進歩によってフィジカルとバーチャルが溶け合う時代が訪れると考えられます。特にARやMRといった視覚に新たなレイヤーが加わることは、見る対象や感じる対象が増えることであり、それによって物事の捉え方が変化するなど、我々は新たな知覚を得ることになるかもしれません。これは、ドイツの生物学者であるヤーコプ・フォン・ユクスキュルが提唱した環世界の視点で捉えると、一人ひとりが主体的に構築する世界が多様化していくとも言えます。一人ひとりの世界がこれまで以上に多様化していく中で、日本の文化イメージをつくるまち・渋谷とフィジカルな場所に、どのようにバーチャルな表現を掛け合わせることが出来るのか。その結果どう街並みが拡張していくのか。
これからのXR表現や街の拡張について、アーティストフェローの浅見和彦+ゴッドスコーピオン+吉田山に加えて、「AUGMENTED SITUATION D」に参加した様々な領域の作家を交えてクロストークを行います。


主催:シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]
協力:ゲーテ・インスティトゥート東京、STYLY、東京クリエイティブサロン実行委員会事務局
協賛:intel® Blue Carpet Project、株式会社日本HP

後援:渋谷区






CCBT「アート・インキュベーション・プログラム」とは

CCBTのコアプログラムのひとつである「アート・インキュベーション・プログラム」は、国内最大規模のアーティスト・フェロー制度として、東京から世界をインスパイアする新たなアート表現の創造・研究開発を目指すものです。CCBTのアーティスト・フェローは、CCBTにおける制作費のサポート、スペース・機材の利用、専門家によるアドバイス等を受け、作品や企画を具体化し、都内での発表を行います。あわせて、CCBTにおけるワークショップやレクチャーの講師、制作プロセスの公開などを行い、CCBTを共につくりあげるパートナーとして活動しています。

浅見 和彦Asami Kazuhiko

プロデューサー

2018年に株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークの共同プロジェクト「NEWVIEW Project」の立ち上げや運営に携わり、21年にPsychic VR Labにプロデューサーとして入社。STYLYを活用したプロジェクトデザインからマネジメントまでプロデュース業務を幅広く担当している。主な実績として「NEWVIEW Project」 、「ULTRA TOUR by STYLY」、「渋谷空想水族館 powerd by XRscape」、「MONDO GROSSO XRDJ LIVE」などがある。

ゴッドスコーピオンGod Scorpion

メディアアーティスト

「Psychic VR Lab」創設メンバー。魔術、XRテクノロジー、認知のフレームの変化をテーマに作品を制作。都市空間、生活空間への主な作品に、2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択『Stricker』、DJVR空間ジョッキー『Spatial Jockey』東京リチュアル、バンギ・アブドゥルとの共作でVRリチュアル作品『NOWHERE TEMPLE Beta』(2015年)。『ISLANDS』(小林健太・中里周子展示「ISLAND IS ISLANDS」、TOLOT / heuristic SHINONOME、東京、15年)。画家小田島等、漫画家ひらのりょうとの共作『YouとHere』(Higure Galler、東京、16年)、『chloma 2016-17 A/W Visual Art (VR)』がある。その他、篠田千明『zoo』 VRディレクター(KYOTO EXPERIMENT、16年)、VRカウンセリングサービス「HIKALY」ディレクター。

吉田山YOSHIDAYAMAR

アート・アンプリファイア、キュレーター

富山県出身アルプス育ち。近所のフィールドワークを基に、そのアウトプットとしてアートスペースの立ち上げや作品制作、展覧会のキュレーション、ディレクション、コンサルティングや執筆等の活動を行う。近年の主なプロジェクトに、「インストールメンツ」(投函形式、住所不定、2020年)、「芸術競技」+「オープニングセレモニー」(FL田SH、東京、2020年)、「のけもの」(アーツ千代田3331、東京、2021年)、「The eyes of the wind/風の目たち」(トビリシ、ジョージア; obscura、東京、2022年)、「MALOU A-F」(Block House、東京、2022年)。

主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京